肝がん(肝細胞癌)の予後など、近年増えている大腸がん、胆管がん、喉頭がんなどの治療や予後などに関する情報です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肝切除もしくはPEIT・MCT・RFAが可能であった場合の予後は比較的良好で、5年生存率は50~60%です。

しかし、これらの治療の適応にならなかった場合の予後は悪く、5年生存率は10%程度にすぎません。

肝細胞癌は慢性肝炎を母地として発生するため、ひとたび治療が完了してもその後に新たな癌が発生してくる確率が高いのです。

癌の発生を早期に発見し、繰り返し有効な治療を行うことができるかどうかが予後を左右します。

またインターフェロンによる肝臓癌の再発予防も研究されています。

スポンサードリンク


Copyright © がんの検査・治療・予後に関するがん.INFO All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。