肝がん(肝細胞癌)の診断と治療など、近年増えている大腸がん、胆管がん、喉頭がんなどの治療や予後などに関する情報です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
典型的な画像所見および腫瘍マーカーにより診断されます。

画像検査で診断がつかない場合(胆管細胞癌や転移性肝癌との鑑別など)は組織検査により確定診断されます。
幹細胞癌の治療としては、肝切除、肝移植などの手術、経皮的エタノール注入療法(PEIT)、マイクロ波凝固療法(MCT)、ラジオ波焼灼療法(RFA)、経カテーテル動脈塞栓術(TAE)、化学療法、全身化学療法、肝動注化学療法、放射線療法があげられる。

このうち根治性(治りきる可能性)が高いのは肝切除・PEIT・MCTおよびRFAであり、可能であればこれらの治療が第一選択となる。

PEITは治療に伴う合併症が少ない一方、再発率は高くなります

スポンサードリンク


Copyright © がんの検査・治療・予後に関するがん.INFO All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。