大腸がんの治療など、近年増えている大腸がん、胆管がん、喉頭がんなどの治療や予後などに関する情報です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大腸がん治療 治療方針は癌の病期によって変わってきます。
早期大腸癌の(浸潤がわずかな)場合は根治可能です。

しかし発見時の病期が後期であるならば(遠隔転移がある場合)根治の見込みは少なくなります。

肝臓への転移等については原発巣が根治できる場合に肝臓の合併切除も行われ治療成績も比較的良いといわれています。

外科療法が第一選択で、化学療法、放射線療法が個々の患者の病期や医学的な諸要因により併せて実施されます。

外科療法は、癌が局在的ならば、大腸癌を根治させる最善の方法です。

ごく早期の癌で、粘膜内にとどまっている場合は、内視鏡手術により切除可能です。

癌が進行すると通常外科手術によって、腫瘍が存在する大腸の切除と再発の可能性を減らすために周辺のリンパ節組織の郭精が実施されます。

可能であれば残った腸の同士を吻合して機能形成術がほどこされます。

病変が肛門に近く吻合が出来ない場合は、人工肛門が形成されます。

一般的な外科手術の場合と同様であるが、大腸外科手術は稀に術後感染、膿瘍、腸管穿孔あるいは腸閉塞を引き起こすことがあります。

スポンサードリンク


Copyright © がんの検査・治療・予後に関するがん.INFO All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。