大腸がんの症状と診断など、近年増えている大腸がん、胆管がん、喉頭がんなどの治療や予後などに関する情報です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一般に早期大腸癌であれば自覚症状はなく、健康診断や人間ドックで発見されます。

まったく症状が現れない場合も少なくありません。

進行大腸癌でも環周度が1/4以下ならば症状はほとんどありません。

1/2周を超えると腸内容の通過障害を起こす場合があります。

左側結腸に存在すると便通異常、腹痛、腹部膨満感などがあり、血便を伴うこともあります。

しかし、右側結腸ではこれらの症状は乏しく貧血、体重減少、腫瘤触知などの症状となります。

これは上行結腸では内容物がまだ液体であるからであると説明されています。

左側結腸の全周性病変になると排便困難、便秘、イレウスを起こすこともある。

大腸癌は早期に発見できれば完全治癒の可能性が大きくなる。

集団健診では普通「便潜血反応」が行われる。

潜血反応が陽性であった場合、貧血などの異常がある場合、その他の大腸癌のハイリスクの場合は、癌をはじめとする大腸疾患の確定のため大腸内視鏡検査が行われます。

スポンサードリンク


Copyright © がんの検査・治療・予後に関するがん.INFO All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。