胆管がんとは?など、近年増えている大腸がん、胆管がん、喉頭がんなどの治療や予後などに関する情報です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
胆管癌(たんかんがん、英Cholangiocarcinoma)は胆管に発生する悪性腫瘍を差します。

胆管とは肝臓でつくられた胆汁を十二指腸へ流す導管のことです。

胆管は肝臓内の細い枝に始まり、次第に合流して2本の太い管(左肝管・右肝管)になり、肝門部で1本に合流し(総肝管・総胆管)、その後膵臓を貫いて十二指腸乳頭部に開口しています。

いずれの部位にも胆管癌は生じうるが、発生部位により性質や治療法が異なるため、以下のように細分類されています。肝内胆管癌(肝臓内の胆管に生じた癌) 、肝外胆管癌(肝管および総胆管に生じた癌。狭義の胆管癌。本項で解説) 、乳頭部癌(乳頭部胆管に生じた癌)

スポンサードリンク


Copyright © がんの検査・治療・予後に関するがん.INFO All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。