大腸がんとは?など、近年増えている大腸がん、胆管がん、喉頭がんなどの治療や予後などに関する情報です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大腸癌(だいちょうがん, Colorectal cancer)とは、大腸(盲腸、結腸、直腸)に発生する癌腫であり、肛門管に発生するものを含めることもあります。
部位別に結腸癌(Colon cancer)、直腸癌(rectum cancer)とも言われています。

消化管内面を覆いつくしている粘膜の上皮細胞の突然変異を原因で、多くは細胞増殖を制御するDNAの異常が原因であり、それは環境や遺伝やウイルス感染になど多くの作用によって細胞の異常が発生します。

危険因子として、加齢や卵巣、子宮、乳がんの既往歴がある人は大腸がんにも気をつけなければいけません。

喫煙者は大腸がんに限らず、肺がんなど、癌のリスクは高くなります。

過去には、新鮮な果物や野菜(食物繊維)を取ることで、大腸がんのリスクが低減すると言われてきたが、食物繊維は極端に摂取量が少なくなければ、それ以外の人は関係ないと考えられています。

ある種のウイルス(例:ヒトパピローマウィルス)は大腸がんの危険因子になると言われています。

スポンサードリンク


Copyright © がんの検査・治療・予後に関するがん.INFO All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。