癌の予防についてなど、近年増えている大腸がん、胆管がん、喉頭がんなどの治療や予後などに関する情報です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
癌の発生原因は、一部のウィルス性のがんを除き、食生活や喫煙などの日常生活を見直すことである程度の予防ができる病気と言われています。喫煙によるリスクが高くなり、もっとも怖いのは肺がんです。

また肉が中心の食事、カロリーの摂りすぎ、アルコール、紫外線などもがんの発生に関係があると言われています。

がんを予防する日本国立がんセンターの「日常生活についての心がけ」
1 バランスのとれた栄養をとる(好き嫌いや偏食をつつしむ)
2 毎日、変化のある食生活を(同じ食品ばかり食べない)
3 食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに
4 お酒はほどほどに(強い酒や飲酒中のタバコは極力控える)
5 たばこは吸わないように(受動喫煙は危険)
6 食べものから適量のビタミンと食物繊維を摂る(自然の食品の中からしっかりとる)
7 塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから
8 焦げた部分はさける
9 かびの生えたものに注意(輸入ピーナッツやとうもろこしに要注意)
10 日光に当たりすぎない
11 適度に運動をする(ストレスに注意)
12 体を清潔に

これらのことを気をつけることでがん細胞の発生、人間が本来もっている免疫力を高めることでがんの進行を遅らせることなども出来るようです。

生活習慣病を予防するにはやはり日常生活の基本を見直す必要がありそうですね

スポンサードリンク


Copyright © がんの検査・治療・予後に関するがん.INFO All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。