喉頭がんの治療など、近年増えている大腸がん、胆管がん、喉頭がんなどの治療や予後などに関する情報です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
喉頭がんは比較的早く見つかることが多いので、ガンが小さいうちに発見できれば、大きな手術を受けなくてもよい場合がほとんどです

小さなガンに限っては、放射線療法を受けることによって、手術をしなくても治すことが可能です。

すべての小さな喉頭ガンが手術をしなくても治せるわけではありませんが、治る確率は非常に高くなっています。また、治療をしても普通に喋ることができますし、放射線治療を使えば、喉頭を切らなくても済むため、声が残るという長所がありますしかし、声のかれは必ずしも良くなるとは限りません

しかし、日常生活に支障が出るほど声が出なくなることは、まれなケースですが、半年~一年くらい放置しておくと、大きなガンに発育して、転移してしまうこともあります

大きくなってしまった喉頭ガンの場合、喉頭を切除する手術が必要になってしまいます

喉頭を切除してしまうと、元のように声を出すことができなくなってしまいます。手術後に声を出すようにする方法がないため、手術をしなくて済むように早期発見に努めてください

50歳以上の男性で、声がかれ始めて1ヶ月以上続いている人の中では、高い確率(1%前後)で喉頭ガンが見付かります

ガンのできる場所や、その進み具合によって治療法が異なってきます

小さいうちに発見して早期に治療を始めれば、治りやすいガンです。声がかれるような症状のある人は、念のため、早めに専門医(耳鼻科など)を受診して、診断を受けてください

スポンサードリンク


Copyright © がんの検査・治療・予後に関するがん.INFO All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。