喉頭がんの診断方法など、近年増えている大腸がん、胆管がん、喉頭がんなどの治療や予後などに関する情報です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
喉頭ガンの診断をする際は、間接喉頭検査、喉頭造影、エックス線、CTなどの検査を行います。

喉頭蓋咽頭面(こうとうがいいんとうめん)、前連合(ぜんれんごう)、声門下腔(せいもんかくう)などにできたガンは、間接喉頭鏡では見落としやすいので、ファイバースコープによる観察を行います。

エックス線、CTなどは、軟骨などの深部への浸潤や喉頭の外への進展具合を見るために必要不可欠です。

最終的な診断は、組織の一部を取り出して調べる、生検によってなされます。喉頭ガンが大きくなってしまうと、放射線治療で治せなくなり、手術が必要になります。

ガンの進行具合によって、どの程度の喉頭を切除するかが判断されますが、喉頭を半分取るのですめば、何とか声を出すことは可能となります。

スポンサードリンク


Copyright © がんの検査・治療・予後に関するがん.INFO All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。