胆管がんの手術など、近年増えている大腸がん、胆管がん、喉頭がんなどの治療や予後などに関する情報です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
胆管がんの手術は切除により根治が見込める場合に適応となります。癌の広がりに応じて切除範囲が決定されます

肝門部胆管癌
肝門部胆管を含む大規模な肝切除が行われる。手術の安全性を高めるため、術前に切除肝の門脈枝を塞栓し、残肝の容積を拡大させる処置が行われることがあります

上部胆管癌
癌が上部胆管に限局していれば肝外胆管切除が行われるが、肝門部胆管に浸潤がある場合は肝門部胆管癌と同様の手術が行われます

中部胆管癌
癌が中部胆管に限局していれば肝外胆管切除が行われるが、下部胆管に浸潤がある場合は膵頭十二指腸切除が、肝門部胆管に浸潤がある場合は、肝門部胆管癌と同様の手術が行われます

下部胆管癌
膵頭十二指腸切除が行われます。癌が広範囲の胆管に進展している場合には、肝切除を含む膵頭十二指腸切除が行われることがあります。侵襲が大きく危険度が高いため、その適応に関しては慎重に検討される。

また、手術で根治が不可能な症例に対しても、症状の軽減を目的として胆管空腸吻合などの姑息手術が行われることもあります

スポンサードリンク


Copyright © がんの検査・治療・予後に関するがん.INFO All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。