胆管がんの診断と治療など、近年増えている大腸がん、胆管がん、喉頭がんなどの治療や予後などに関する情報です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
胆管がんは特徴的な画像所見および腫瘍マーカーなどにより診断されます。

MDCTの普及により高解像度の画像が得られるようになったため、癌の進展をより正確に診断する試みが行われています。

現在、胆管癌に対する根治的な治療法は外科手術のみです。

癌が胆管周囲に限局しており、切除により根治が見込める場合は原則として手術が選択されます。

主要な動脈への浸潤や遠隔臓器への転移があり、切除による根治が見込めない場合は全身化学療法もしくは放射線療法が選択されます

スポンサードリンク


Copyright © がんの検査・治療・予後に関するがん.INFO All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。