喉頭がんの診断と治療など、近年増えている大腸がん、胆管がん、喉頭がんなどの治療や予後などに関する情報です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
喉頭ガンの診断をする際は、間接喉頭検査、喉頭造影、エックス線、CTなどの検査を行います。

喉頭蓋咽頭面(こうとうがいいんとうめん)、前連合(ぜんれんごう)、声門下腔(せいもんかくう)などにできたガンは、間接喉頭鏡では見落としやすいので、ファイバースコープによる観察を行います。

... 続きを読む
スポンサーサイト
喉頭がんは比較的早く見つかることが多いので、ガンが小さいうちに発見できれば、大きな手術を受けなくてもよい場合がほとんどです

小さなガンに限っては、放射線療法を受けることによって、手術をしなくても治すことが可能です。

... 続きを読む
喉頭はいわゆる「のどぼとけ」(甲状軟骨先端)に位置しており、内面が粘膜でおおわれた箱のようなものです。

喉頭の内腔は上前方は舌根(ぜっこん: 舌のつけ根)につながり、上から喉頭蓋、仮声帯、室、声帯、声門下腔に分けられ、下方は気管から肺へ続いています。

... 続きを読む

スポンサードリンク


Copyright © がんの検査・治療・予後に関するがん.INFO All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。