胆管がんの診断と治療など、近年増えている大腸がん、胆管がん、喉頭がんなどの治療や予後などに関する情報です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
胆管癌は治療が困難ながんの一つである。

治癒切除がなされた場合の5年生存率は30~50%程度です。

切除不能な進行胆道癌においては5年生存はほぼ皆無です

... 続きを読む
スポンサーサイト
胆管がんの放射線療法

手術不能な限局性の胆管癌に対して行われることがあります。放射線療法単独では胆管癌を根治することはできず、補助的に行われる。

... 続きを読む
胆管がんの手術は切除により根治が見込める場合に適応となります。癌の広がりに応じて切除範囲が決定されます

... 続きを読む
胆管がんは特徴的な画像所見および腫瘍マーカーなどにより診断されます。

MDCTの普及により高解像度の画像が得られるようになったため、癌の進展をより正確に診断する試みが行われています。

... 続きを読む
胆管癌(たんかんがん、英Cholangiocarcinoma)は胆管に発生する悪性腫瘍を差します。

胆管とは肝臓でつくられた胆汁を十二指腸へ流す導管のことです。

... 続きを読む

スポンサードリンク


Copyright © がんの検査・治療・予後に関するがん.INFO All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。