肝がん(肝細胞がん)の診断と治療など、近年増えている大腸がん、胆管がん、喉頭がんなどの治療や予後などに関する情報です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肝切除もしくはPEIT・MCT・RFAが可能であった場合の予後は比較的良好で、5年生存率は50~60%です。

しかし、これらの治療の適応にならなかった場合の予後は悪く、5年生存率は10%程度にすぎません。

... 続きを読む
スポンサーサイト
典型的な画像所見および腫瘍マーカーにより診断されます。

画像検査で診断がつかない場合(胆管細胞癌や転移性肝癌との鑑別など)は組織検査により確定診断されます。... 続きを読む
肝癌(かんがん、英Liver cancer)とは、肝臓にできる腫瘍の総称です。
大きくは肝臓が発生元である原発性肝癌と、他臓器で発生したがんが肝臓に転移した転移性肝癌の二つに分けられます。

... 続きを読む

スポンサードリンク


Copyright © がんの検査・治療・予後に関するがん.INFO All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。